タイトルイメージ 賃貸管理コラム

賃貸管理コラム

賃貸管理にまつわる様々なお役立ち情報をお届けしています。

賃貸管理会社の変更を検討するタイミングとメリット

カテゴリー:


このエントリーをはてなブックマークに追加
コラムイメージ

賃貸管理会社は良いところを見つけたからといって必ずしも安心というわけではありません。賃貸管理会社は定期的に見直すことをおすすめしますが、今回はそれを検討する時期やそのメリットについて見てみることにしましょう。

経営状況が改善しない場合

賃貸経営はそう簡単に利益を出せるものではありません。周辺の環境などからも影響を受けますし、管理会社に賃貸経営を依頼した場合、その管理会社の経営手腕にも大きく左右されます。もちろん、優秀な賃貸管理会社を見つけることができれば、家賃収入なども安定的に獲得することができ、豊かな賃貸経営ライフを送ることができるでしょう。しかし必ずしも優秀な管理会社ばかりではないというのが実情です。ある賃貸会社に管理を依頼したら、空室率が上昇したり、入居率がダウンしたりなど、さまざまな問題を抱えてしまうこともあるかと思います。もし依頼した賃貸管理会社の経営が不安で、かつ実際に経営状況が低調な状態が続いているなら、そのときは管理会社の変更を検討することをおすすめします。もちろん、初めのうちは様子見をしてみてもよいですが、半年ほど任せてみて状況が改善されないなら変更を検討しても良いでしょう。

仲介会社との関係値も重要なファクター

賃貸経営においては、いかに入居率を上昇させ、満室の状態を長く続けるかが重要なポイントです。
その部分において、管理会社に経営を任せる場合、その管理会社が果たす役割は非常に大きいと言えます。
賃貸経営は大きなお金の動く投資手法ですから、それを任せる管理会社にはしっかりしておいてもらいたいところです。
では、どのような賃貸管理会社なら変更を検討するべきなのでしょうか。

重要なのは、こちら側がしっかりと管理会社の情報や状況を把握できるかどうかという点です。
その意味で、管理会社と賃貸仲介会社の関係性が強いかどうかは、
その会社が良い管理会社かどうかを判断する重要なファクターになります。

両者の関係が密であるほうが、こちらとしても仲介会社を通して管理会社の情報を把握することができるので、
その管理会社がどんな経営をやっているのかなど、経営の直近の状況なども理解しやすくなるのです。

賃貸管理会社を変更するタイミング

現状の賃貸管理会社に何らかの不満があるなら管理会社の変更を検討するべきですが、
具体的にどのように変更を進めて行ったらよいのでしょうか。
もちろん、漠然と不満があるからと言って、元の管理会社に頭ごなしに変更を突きつけるのは良くありません。
まずは話し合いの場を設けて、しっかりとお互いに検討をしたうえで、変更するかどうかを決断しましょう。

変更するタイミングについては、やはり賃貸仲介会社の繁忙の時期は避けた方が賢明です。
賃貸関係会社の繁忙期は1月から3月の間や、9月や10月なので、それ以外の時期を狙って変更の手続きを始めると、
スムーズに引継ぎを行うことができるはずです。

もちろん、管理会社を変更したからと言って必ずしも経営がうまくいくとは限りません。
新しい賃貸管理会社を見つけたいという場合は、まず客付けに強いということや、
仲介会社との関係が深いなどということを重視してみましょう。
経営ノウハウのある管理会社に出会えれば、より高い収益を見込みやすくなります。

定期的に管理会社の変更を検討してみましょう

現状では経営が好調で、客付けもうまくいっていたとしても、それが長続きするとは限りません。
賃貸管理会社も、その会社自体の経営状況が自身の物件の経営にも影響を与えるものです。
そのため、賃貸管理会社は定期的に見直すことが長い目で見るとより良い結果を生み出しやすいと言えます。
もちろん、経営がうまくいっていないからといって、すぐに変更を検討するというのは早計かもしれませんが、
管理会社との間でもお互いによく話し合ったうえで、
建設的に変更できるのであれば、それがお互いにとってためになることも大いにあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る