空室対策

空室ゼロに向けて手厚い対策を行います

当社では不動産経営を知り尽くしたプロが、建物の価値の維持向上とともに空室撲滅を目指し、責任をもって対策いたします。
空室ゼロ=高水準の入居率を実現させ、空室対策として有効な手段をご提案させていただきます。

新規入居者の獲得

01 「空室」になる前から行う募集活動

入居者の中には、賃貸借契約の期間満了で退去される方もいれば、契約期間の途中で解約される方もいらっしゃいます。

当社の場合、どちらのケースでも空室となる1~2か月以上前の時点で退去希望の申し出をいただくよう取り決め、物件が空室になる前から次の入居者募集をスタートさせ、入居率維持に努めています。

02 全国の仲介業者と連携した幅広い募集活動

入居者様から解約通知が来た際に、即座に全国の仲介業者へ空室予定情報を提供し、幅広く募集を行っています。

自社のみの募集活動ではなく、様々な媒体を利用して入居者様を募集することで、募集物件がより多くのお客様の目に留まるよう努めています。

その結果、実際に空室期間がないまま次の入居者獲得につながっています。

03 物件の魅力を最大限に引き出す
オリジナルの間取り図を作成

当社の募集物件はすべてオリジナルの間取り図や募集図面を作成し、WEB上で公開しています。

同じお部屋の間取り図でも線の太さや色合いなどを工夫するだけで印象が大きく異なるため、当社ではいかにお部屋の魅力を伝えられるかということを念頭に置きながら、物件の魅力を最大限に引き出したオリジナルの募集図面を作成し、成約率向上につなげています。

04 VRカメラを搭載し、物件をわかりやすく説明

室内を360度VRカメラで撮影し、WEB上に公開しています。

遠方からのお客様で事前に現地を見ることができないという方や多忙でどうしても現地に行く時間がとれないという方、まだ退室前のお部屋で先行申込を検討しているというお客様に室内の様子を確認いただき、わかりやすく伝えることでお部屋探し中のお客様に現地へ足を運ばなくても満足度の高いご提案ができ、室内の様子をリアルに体験いただけます。

05 他社物件との差別化をはかるモデルルームの設置

物件によっては、室内にイスやテーブル、ベッドなどの家具やインテリアを置き、モデルルームを設置しています。

ご希望の条件に近い物件でいくつかお部屋を見てまわられているお客様にとって、空っぽの部屋の中を見比べただけではなかなか決め手がなく、どの部屋にするか迷われてしまうことがあります。

モデルルームのお部屋で入居後の具体的な生活をイメージしていただき、他の部屋とちょっとした違いを作ることで他社物件との差別化をはかり、空室期間をなくします。

既存入居者の退去を防ぐ

01 長期的な入居につなげる厳密な入居審査の徹底

空室対策で重要なことは入居したお客様に長期的に契約いただくことです。

当社では入居申込を受けた際、社内で一度入居審査を行った後、外部の信販会社で再度審査を行う二重審査を徹底しています。

空室になるリスクを防ぎ、安定した不動産経営を行う上で二重審査は非常に重要です。

申込みされた方にはできる限り入居していただきたいところですが、場合によってはときに入居をお断りさせていただくこともあります。

02 優れた入居者管理サービス

空室に対して積極的な募集活動を行っていても入居者の入れ替わりが多いとオーナー様にとって安定した賃貸経営を行うことが困難となります。

当社では入居者様が安心して過ごせるための環境整備やトラブル対応、24時間緊急コールセンターのご用意など、入居者管理のサービスにも力を入れています。

物件によっては、入居者様へ家電(テレビ等)のプレゼントをご用意しているケースもあります。

入居者管理

賢く賃貸経営をしたいオーナー様へ

ご要望に合った専用の賃貸プランを
無料でお作りします