タイトルイメージ 賃貸管理コラム

賃貸管理コラム

賃貸管理にまつわる様々なお役立ち情報をお届けしています。

賃貸管理(不動産管理)会社の選び方

カテゴリー:


このエントリーをはてなブックマークに追加
コラムイメージ

東京都だけでも100社以上ある賃貸管理会社の中から、自分の物件に適した賃貸管理会社を見つけるのは簡単ではありません。賃貸管理会社選びで大切なのは、会社が提供するサービスが自分の資産や所有物件に適しているかどうかをオーナー自身で判断することです。 そのためには管理会社に関する情報量が肝になります。

賃貸管理会社を選ぶポイント

コラムイメージ1 近年ではインターネットでの口コミが情報源として信用できる判断材料になってきました。

実際にその賃貸管理会社を利用した人の意見や感想を見聞き出来るため、不動産管理会社の内情を把握できるようになったのです。管理会社のホームページや広告で抽象的な表現になっている部分も、利用者に直接聞くことで内容を理解し、自分の状況に適しているかを判断できます。

そういった事前情報を得た上で、疑問に思ったことを営業担当者に直接聞いてみるとよいでしょう。

賃貸管理会社で差が出る空室リスク

コラムイメージ2 賃貸マンション経営で最も考慮すべき問題は空室リスクです。

空室が出ると、家賃収入を喪失するだけではなく、設備投資や固定資産税の支払いなど、支出だけが残る負債になってしまうのです。

したがって空室率を下げることは必要不可欠であり、賃貸管理会社によって空室対策に違いが出てきます。

多くの管理会社の場合、空室が出てから急いで次の入居者を探しますが、能力の高い管理会社の場合は、空室を出さないよう退去を未然に防ぐ対策を取っています。退去を防ぐということは、入居者の契約を更新しないという決心を覆す必要があるため、簡単なことではありません。

賃貸管理会社選びを行う際には、そういった入居者への配慮を行っている管理会社を選ぶことも重要なポイントです。

賃貸経営成功の鍵はパートナー選びから

コラムイメージ3 賃貸経営を成功させるために重要なことは、家賃を出来るだけ高く設定し、そして空室を極力減らすことです。

実現するには個人では限界があるのも事実ですので、賃貸管理会社を上手に活用して所有物件にあった最適な賃貸条件を決めることが必要です。

場合によっては、リノベーションをするといった決断を迫られることもあるはずです。その意思決定においてアドバイスをもらえる賃貸管理会社を選んでおけば、リスクを加味した上で、正しいと思える意思決定ができるはずです。

しかし、全てを賃貸管理会社に任せているだけでは賃貸経営は成功しません。

入居者を集めるためにどうすれば良いか、時流や他物件の事例から考え、賃貸管理会社と相談しながら実行し続けることで、賃貸経営は成功に向かいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る