タイトルイメージ リノベーションについて

リノベーションQ&A

みなさんから多く寄せられるリノベーションに対する疑問や不安にお答えします。

Q1. リノベーションって何ですか?
A. 住む人のニーズに合わせ、間取りをふくめた生活空間を再設計することです。
リノベーションは住まいに合わせた生活ではなく、暮らしに合わせた住まいを創る、自分のライフスタイルに合わせて自由な発想で住まいを創り直すことです。
住まいの全てではなく一部分を変えてみるのも、ひとつのリノベーションといえます。
Q2. リノベーションにはどれくらいの費用がかかるのですか?
A. ご予算とプランに応じたリノベーションが可能です。
設計費・工事費は工事面積で大きく左右されるので 一概にはお答えできませんが、一気に全面スケルトンを行っても、住みながら部分的に行っても、ご予算とプランに応じたリノベーションが可能です。
無理をして費用をかけて、逆に生活にしにくくなっては意味がありません。 ライフスタイルに合わせたリノベーションのため、まずは気軽に専門家に相談してみてください。
※「スケルトンインフィル」とは、マンションなどの建物は、スケルトン(骨組み)に比べて「インフィル(居住用部分)」は耐用年数が短いため、スケルトン(骨組み)はそのままでインフィル(居住用部分)だけを変えていくといった、建物部分を2つに切り離して使用方法を考えようというものです。
Q3. リノベーションにはどれくらいの期間がかかるのですか?
A. 工事範囲によって大きく異なりますのでご相談ください。
例えば40㎡マンションのスケルトンの場合で約1ヶ月程度、オーダーキッチンの交換だけなら3・4日くらいでしょう。しかし実際は、現場作業までに細かい打合せや設計プランの組み立てなど、思ったより多くの時間が必要です。 「リノベーションしてみたい」と思ったらすぐに相談してみましょう。
Q4. 施行期間中はどうすればいいのですか?
A. 仮住まいが必要になることもあります。
残念ながら、スケルトン工事は住みながらの工事ができません。現在のお住まいをリノベーションされる方は、工事中の仮住まいが必要になります。 また、部分的なリノベーションの場合は住みながらでも可能です。
Q5. リノベーションのメリットって何ですか?
A. 新築と比べた場合のコスト面以外にも多数のメリットが有ります。
一棟全体を新築する場合とコスト面で比較すると、リノベーションは1/3程度の費用で施行できます。 また、住みたい場所に手ごろな住まいがない、場所は良くても間取りが気に入らない。また、理想にぴったりでも予算に合わない。限られた新規物件の中で条件に合った住まいを探すのは大変です。その点、リノベーションはすべての「空き物件」が対象となります。リノベーションを前提とすれば、中古マンションを選ぶ際には内装にはあまり気を使う必要はありません。立地条件と価格帯に焦点をあてて探せば、満足のゆくマンションを手に入れることができます。 また、リノベーションの方法によっては、新築では得られない年月を経た「味わいのある」空間を得られる楽しみもあります。
Q6. 相談に費用はかかりますか?
A. ご契約まで費用はかかりません。
何回相談いただいても、何度プランを変更していただいても大丈夫、無料でご対応させていただきます。 ただ、プランやお見積の提出後にご検討状況を確認させていただいていますが、その際に返答がない方が非常に多く困っております。ご契約の有無に関わらず、必ず一旦ご連絡いただけるよう、お願いいたします。
Q7. リノベーション物件選びのポイントはありますか?
A. 色々有りますが、外見だけでも判断できることは多いです。
物件選びのポイントは、
・周辺環境(道路・方角・騒音・周辺建物)
・修繕状況や計画を聞いてみる(防水・構造補強等計画)
・土地が所有権か借地権か
・借り入れができる物件か(収入や職業に影響する場合あり、不動産屋・金融機関に確認)
・管理費・修繕積立費の金額の確認
・近隣の住民にへんな人がいないか確認
・耐震診断を行っている場合はその内容を確認(昭和56年以降の「新耐震基準」をクリアしているかどうかなど)
など色々ありますが、簡単に判断する方法としては「外見判断」です。 実際に行って見て、玄関・廊下・エレベーターなどの共用部分、ごみ置場の管理、建物廻りの清掃状況、駐車場・駐輪場の管理状況などでも、住民の意識や管理会社の質が判断出来ます。
Q8. リノベーションで気をつけることはありますか?
A. まずは、自分なりの理想の生活イメージをまとめましょう。
イメージは絵や箇条書きにしてみるなど、文書にしてもいいでしょう。そのときに、どれが必要かという優先順位を決めているとその後がスムーズです。 あとは、専門家に予算と優先順位をはっきり伝えて、納得がいくまでじっくり相談しましょう。
Q9. 業者選びで気をつけることはありますか?
A. 会社によって得意・不得意があるので確認しましょう。
会社によって得意な分野・苦手な分野があります。まずは業者に確認してください。 実際の施工事例を見たり、担当者といろいろ話をしてみるのもよいでしょう。
Q10. リノベーションできない建物はありますか?
A. 条件によっては注意が必要な物もあります。
賃貸などでオーナーの許可が出ない物件以外に基本的にはありませんが、
事務所・倉庫を住居に変更する場合(コンバージョン)は役所に確認申請が必要になります。居室の採光窓や換気排煙等の計画や構造体力の検討も必要になります。 また、著しく老朽化が進んでいる建物はリノベーションできません。